配置について

スニペット ファイルの配置について説明します。

定義したコード スニペットは、スニペット ファイルを「マイ ドキュメント」の「Visual Studio 2010」(”2010″ の部分はバージョンによって異なります)フォルダの中にある「My Code Snippets」フォルダに置くことで、Visual Studio に認識されて使えるようになります。

このほか、Visual Studio の「コード スニペット マネージャー」でスニペット ファイルの配置先を追加することによっても、他の場所に置いたスニペット ファイルを Visual Studio に認識させることができます。

これにより、共有フォルダに置いてあるスニペット ファイルを、「My Code Snippets」フォルダにコピーしなくても使うことができるようになります。スニペット ファイルをソース管理している場合にも、作業フォルダから「My Code Snippets」フォルダにコピーしなくても使うことができます。チームでスニペット ファイルを共有していて頻繁に更新する場合には特に有効です。

配置先の追加方法

既定の場所以外に配置して Visual Studio に認識させる方法を説明します。

Visual Studio の [ツール] メニューの [コード スニペット マネージャー] をクリックします。

[追加] をクリックして、スニペット ファイルを置いてあるフォルダを選択します。

場所の一覧に追加されます。これでその場所に置いたスニペット ファイルが Visual Studio に認識されるようになります。