開発支援ツールについて

ティーケーフォースは、ITシステムの開発工数を大いに削減できる「開発支援ツール」の作成を承っております。

たとえば、

などなど。詳細は「開発支援ツールの例」をご覧ください。

なぜ予想以上に工数がかかってしまうのか

本当の原因と根本的な対策とは

当初の予想以上に開発工数がかかってしまう、そんなプロジェクトを数多く見かけます。設計の不備や仕様の変更により、手戻りが発生してしまうことが原因の一つとしてあるようです。

そんな問題に対して「きちんと設計しよう」「きちんと要件を固めよう」と言いつつも、結局、「仕方がない」「システム開発とはこういうもの」で済ませてしまうプロジェクトもまた、残念ながら数多く見かけます。まさにこのあきらめこそ、工数が増加する本当の原因ではないでしょうか。

手戻りが発生することは、たしかに仕方がないことだと思います。だからこそ、手戻りが発生しても多大な工数をかけずにリカバリーできる、そんな開発手法を用いることが重要だと考えます。

その具体的な方法が、開発支援ツールによる作業の自動化です。

わかっちゃいるけどできない、とお考えなら

だからこそティーケーフォースにお任せください

「たしかに自動化すれば楽だ」そう思う一方で、「ツールを作る余裕がない」「そんなツールを作っている間に作業してしまった方が早い」とお考えの方が多いのではないでしょうか。

なぜなら、ツールを容易に作成できるようなスキルの高いメンバーは、ツールの作成よりもシステム本体の開発で手一杯だからです。また、少し手の空いたメンバーがいても、ツールを作成するには少し荷が重く、逆に工数が多くかかってしまうかもしれません。

だからこそ、ツールの作成に慣れているティーケーフォースにお任せください。

ティーケーフォースが作るツールのメリット

ツールはあくまで作業を自動化するだけで、システムの一部ではありません

ティーケーフォースが作成するのはミドルウェアではなく、開発支援ツールです。したがって、開発対象のシステムの構成物にはなりません。テキスト エディターのように、あくまで開発作業を楽にするためのものです。そのため、以下のようなメリットがあります。

  • プロジェクトがツールに合わせるのではなく、ツールがプロジェクトに合わせます
  • いつでも使い始めることができ、いつでも使うのをやめることができます
  • 全員が使う必要はなく、使いたい人だけが使えます

たとえば、設計書を元にプログラムを自動生成するツールがあったとして、もし「ツール専用のフォーマットで設計書を記述する」という制約があったらどうでしょう。そのプロジェクトは設計の開始段階からツールの制約に合わせなければなりません。また、ツールが生成するプログラムの仕様に合わせて他のプログラムを製造しなければなりません。全員が最初から最後まで、ツールに束縛されます。したがって、ツールの導入には多くの関係者を巻き込むことになり、慎重な判断が必要になります。

ティーケーフォースが作成するツールであれば、そのプロジェクトがすでに使用している設計書のフォーマットに合わせてツールを作ります。また、手作業で製造したときをイメージして、目的のプログラムを生成するようにします。したがって、気軽に導入できます。

ティーケーフォースの開発支援ツールに興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご相談ください。

開発支援ツールの例」もご覧ください。