.NET Framework 4 Client Profile のインストール方法

Windows Update で「Microsoft .NET Framework 4 Client Profile (KB982670)」をインストールします。

具体的な手順は Windows の種類によって若干異なります。

名前に「Client Profile」が付いていても大丈夫

.NET Framework 4 Client Profile とは、クライアント アプリケーション用に最適化された .NET Framework 4 のことです。

「Client Profile」が付かない .NET Framework 4 よりも機能を限定する代わりに、軽量でインストールしやすくなっています(とはいえ、インストールにはそれなりの時間を要します)。

機能を限定していると言っても、一般のユーザーが必要とする機能をほぼすべて含んでいます。

.NET Framework 4 と .NET Framework 3.5 は別物

「.NET Framework 4 がインストールしてあれば .NET Framework 3.5 は必要ない」というわけではありません。.NET Framework 3.5 で動作するアプリケーションは、.NET Framework 3.5 が必要です。

ときどき CPU 使用率が 100% になる?

Windows を使用していると、ときどき CPU 使用率が 100% になることがありますが、この原因に .NET Framework が関係している場合があります。

Windows Update で .NET Framework に関するアップデートをインストールすると発生するようです。

画面 1: Windows Update に表示される .NET Framework の更新プログラム
Windows Update に表示される .NET Framework の更新プログラム
↑こういった更新プログラムに注意。

「.NET Runtime Optimization Service」というプログラム(プロセス名は「mscorsvw.exe」)がバックグラウンドで実行され、その間 CPU 使用率が 100% になります。しばらくすると、処理が終わって CPU 使用率は通常の状態に戻ります。

画面 2: CPU 使用率が 100% のときのタスク マネージャーとリソース モニターの様子
CPU 使用率が 100% のときのタスク マネージャーとリソース モニターの様子
※タスク マネージャーのプロセスには表示されません。

.NET Framework 4 の場合は、.NET Runtime Optimization Service の処理が終わるまで Windows Update 中の状態が続き、処理が終わると Windows Update が完了します。したがって「Windows Update 中は CPU 使用率がやけに高いな」と感じる程度で済むかもしれません。

これに対し、.NET Framework 3.5 の場合は .NET Runtime Optimization Service の実行が完了していなくても Windows Update が完了してしまいます。ですので「何もしていないのにこの CPU 使用率はいったい何事か?!」とびっくりされるかもしれません。


Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Microsoft .NET は、お客様、情報、システムおよびデバイスを繋ぐソフトウェアです。