ショートカット定義ファイル スキーマ

ショートカット定義ファイルは XML で記述します。ここでは XML のスキーマを説明します。

ショートカットは Item 要素であらわします。Item 要素は Items 要素を含みます。Items 要素は Item 要素含み、Item 要素は Items 要素を含み…というような階層構造になっています。

ショートカット定義ファイルを白紙の状態から記述するのは大変なので、アドインが作成したファイルを編集してください。

Item 要素は、属性の記述方法によって 3 種類に分かれます。

ショートカット項目

メニューに表示するラベルを Label 属性で記述します。リンク先を Path 属性で記述します。

<Item Label="TKForce のページ" Path="http://www.tk4.co.jp/" />
<Item Label="ペイント" Path="mspaint.exe" />
<Item Label="こづかい帳" Path="C:\Users\Public\Documents\こづかい帳.xlsx" />

ショートカット カテゴリ

ショートカット項目をグループ化して階層構造にできます。「xsi:type=”Category”」を記述して、Path 属性は記述しません。

<Item xsi:type="Category" Label="ツール">
  <Items>
    <Item Label="メモ帳" Path="notepad.exe" />
    <Item Label="電卓" Path="calc.exe" />
    <Item Label="ペイント" Path="mspaint.exe" />
  </Items>
</Item>

カテゴリは多段階にもできます。

<Item xsi:type="Category" Label="ウェブサイト">
  <Items>
    <Item xsi:type="Category" Label="ニュース">
      <Items>
        <Item Label="日本経済新聞" Path="http://www.nikkei.com/" />
        <Item Label="NHKニュース" Path="http://www3.nhk.or.jp/news/" />
      </Items>
    </Item>
  </Items>
</Item>

フォルダーへのショートカット

指定したフォルダー配下にあるファイルへのショートカットを自動で作成できます。「xsi:type=”Category”」を記述して、Path 属性にフォルダーのパスを記述します。Items 要素の内容を空にしてください。

サブ フォルダーにあるファイルへのショートカットも自動的に作成されます。

<Item xsi:type="Category" Label="パブリック フォルダ" Path="C:\Users\Public">
  <Items />
</Item>