HTML 文書へのエクスポート

ビューワで表示している簡易書式テキスト文書を HTML 文書にエクスポートするには、[ファイル] メニューの [エクスポート] – [HTML] をクリックします。

[HTML文書にエクスポート] ダイアログ ボックスが表示されますので、出力方法などを指定して、[エクスポート] ボタンをクリックします。

ダイアログ ボックス

[HTML文書にエクスポート] ダイアログ ボックスは次のようになっています。

画面 1:「HTML文書にエクスポート」ダイアログ
「HTML文書にエクスポート」ダイアログ

何も変更せずに [エクスポート] ボタンをクリックすると、ビューワで表示しているイメージでエクスポートできます。

出力先

HTML ファイルを出力するフォルダと、ファイル名を指定します。

初期設定では、テキストファイルと同じフォルダに、テキストファイルと同じ名前で拡張子が「html」のファイルを作成するようになっています。

出力先を変更する場合は、テキストボックスに直接入力するか、右にある […] ボタンをクリックして、出力先を入力してください。

エンコード

テキストファイルと HTML ファイルのエンコードを指定します。ビューワでテキスト文書が文字化けせずに表示できていれば、そのままで構いません。

初期設定では、ビューワの [ファイル] メニューの [エンコード] で選択されているエンコードを使用するようになっています。

スタイルシート(適用するファイル)

HTML文書を装飾するスタイルシートを指定します。

初期設定では、ビューワでの表示に使用しているスタイルシート、つまり、ビューワの [表示] メニューの [スタイルシート] で選択されているスタイルシートを使用するようになっています。

スタイルシート(出力方法)

スタイルシートを、HTML文書内に埋め込むか、cssファイルを参照する形にするかを指定します。

HTML文書内に埋め込む
エクスポートした HTML文書を他のコンピュータで表示する可能性があるときは、こちらを選択します。
リンクとして参照させる
エクスポートしたコンピュータだけで HTML文書を表示する場合は、こちらを選択しても構いません。
こちらを選択すると、エクスポートした後にスタイルシートの内容が変更された場合に、HTML文書の表示に反映されます。

初期設定では、[HTML文書内に埋め込む(style要素として出力します)] が選択されています。

タイトルを出力する

チェックすると、タイトルを出力します。タイトルは必ず文書の先頭に出力されます。

初期設定では、ビューワの [表示] メニューの [タイトルを表示する] のチェック状態と同じ状態になっています。

目次を出力する

チェックすると、目次を出力します。目次は必ず本文の直前に出力されます。

初期設定では、ビューワの [表示] メニューの [目次を表示する] のチェック状態と同じ状態になっています。