簡易書式入門 – 3.表も書けます

まずは書式を駆使した表の例を示します。

(表:表の例)
+分類   `       `           +名称
+大項目 +中項目 +小項目     :
|食べ物 |やさい |緑黄色野菜 |にんじん
:       :       :           |ほうれんそう
:       :       |根菜       |大根
:       |肉     |豚肉       |ロース
:       :       |鶏肉       |むね
:       :       :           |もも
|飲み物 `       `           |水
:       `       `           |〔お茶〕
:       `       `           |【牛乳】

基本から順に説明していきます。

表の基本

テキストの1行が表の1行に対応します。セルの種類記号セルの内容で1つのセルを表し、これを連続させることで、表の1行分を表現します。

まずは実際の記述例を見てください。

+1行目1列目のセル +1行目2列目のセル |1行目3列目のセル
|2行目1列目のセル +2行目2列目のセル |2行目3列目のセル

「+」と「|」がセルの種類記号です。セルの種類は主に「ヘッダーセル」と「データセル」があります。ヘッダーセルは「+」(半角プラス)、データセルは「|」(半角パイプ)で表します。

種類記号に続くテキストがセルの内容になります。セルの内容にはインライン書式が使えます。

セルの内容から次のセルの種類記号までは、タブと半角スペースをいくつ入れても構いません。列の位置を揃えて見やすくするためにタブや半角スペースを入れてください。

セルの種類記号をセルの内容として使いたいときは、インライン書式のときと同様、「”+”」などと書きます。

セルの結合

セルを結合することができます。冒頭で示した表の例を見ればなんとなく分かると思います。HTML文書やWord文書を生成すると、実際に結合された状態になります。

行方向のセル結合

行方向の結合は、結合されるセルの種類記号を「:」(半角コロン)にします。

+ヘッダー |データ1
:         |データ2
:         |データ3

結合されるセルの内容は書かないようにします。もし、セルの内容を書いても、HTML文書やWord文書を生成する際に無視されます。

列方向のセル結合

列方向の結合は、結合されるセルの種類記号を「`」([Shift]を押しながら「@」を入力)にします。

+ヘッダー `        `
|データ1  |データ2 |データ3

行と列の両方向のセル結合

行と列の両方向でセルを結合することもできます。冒頭の表の例を確認してください。

セルの種類記号は「:」でも「`」でも構いませんが、「`」の方が見やすいので「`」を使うようにしてください。

セルのまとめ

セルの種類と記号の対応は下の表のようになっています。

セルの種類 セルの種類記号
ヘッダー 「+」(半角プラス)
データ 「|」(半角パイプ。[Shift]を押しながら「\」を入力)
行方向のセル結合 「:」(半角コロン)
列方向のセル結合 「`」([Shift]を押しながら[@]を入力)

キャプション

「(表:キャプション)」で表の説明をつけることができます。「:」コロンは全角ですので注意してください。