簡易書式入門 – 4.余裕があればその他の書式も…

残りの書式は、余裕があれば使ってみてください。

引用文

行頭に「> 」(「>」と半角スペース)を入れると、引用文になります。半角スペースを忘れないよう注意してください。

プログラムコードの引用などに使います。

> public static void Main(string[] args)
> {
>    Console.WriteLine("こんにちは、簡易書式テキスト文書");
> }

引用文の中でもインライン書式を使うことができます。

> tree 〔フォルダのパス〕 /F

定義リスト

定義リストは箇条書きと似ていますが、一つの項目に「用語」と「説明」の2種類の情報を表現することができます。

定義リストは、行頭を「・」(中黒)にして、まず用語を書きます。ここまでは箇条書きと同じです。その後ろに「…」(三点リーダ)を入れて説明を書きます。

・行書式…段落、見出し、
 箇条書き、定義リスト、ツリーリスト、
 表、引用文
・インライン書式…強調、抽象化、
 リンク、図

箇条書きと同じ要領で、説明の途中で改行することができます。用語の途中では改行できません。

箇条書きで「…」を使いたいときは、例によって「”…”」と書きます。

ツリーリスト

ツリーリストは、階層構造を持った箇条書きです。

先頭に「*」を入れると、その行をルート項目とするツリーリストの開始を表します。

項目は先頭にタブを入れます。タブの数でツリーの深さが決まります。

*簡易書式
	行書式
		段落
		見出し
			レベル1
			レベル2
			レベル3
			レベル4
		箇条書き
			番号無し
			番号あり
		定義リスト
			用語
			説明
		ツリーリスト
			ルート項目
			サブ項目
		表
			キャプション
			行
				ヘッダーセル
				データセル
				行方向の結合
				列方向の結合
	インライン書式
		強調
		抽象化
		リンク
		図

ツリーリストでは、項目の途中で改行することはできません。

ルート項目を書かずにいきなりタブで始まる行を書くと、段落とみなされるので注意してください。