クイックスタート – 1.準備する

簡易書式テキスト文書へようこそ!

さっそく、簡易書式テキスト文書を使って、HTML文書とWord文書を作成してみましょう。

ここでは、「メモ帳」などのテキストエディタと「簡易書式テキスト文書 ビューワ」(以下、ビューワ)を使って、簡易書式でテキスト文書を作成する手順を説明します。それから、ビューワの機能を使ってHTML文書とWord文書を生成する手順も説明します。

まずは準備として、テキストエディタとビューワを起動します(Windows の操作に慣れている方は、以下の手順に忠実に従う必要はありません)。

テキストファイルを作成する

まずは、テキストファイルを作成します。

デスクトップ上でマウスを右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、 [新規作成] – [Text Document] (*1) をクリックします。デスクトップにテキストファイルのアイコンが作成されます。

画面 1: コンテキスト メニュー
コンテキスト メニュー

次に、作成されたテキストファイルのアイコンをダブルクリックします。テキストエディタか起動して、テキストファイルが開かれます。以降ではテキストエディタに「メモ帳」を使用しているケースを例に説明します。

画面 2: テキストファイルのアイコン
テキストファイルのアイコン

*1 Windows XP、Windows Vista では [新規作成] – [テキスト ドキュメント]

ビューワを起動する

[すべてのプログラム] メニュー (*2) の [簡易書式テキスト文書 2] – [簡易書式テキスト文書 ビューワ] をクリックします。ビューワが起動します。

画面 3: [すべてのプログラム] メニュー
[すべてのプログラム] メニュー

初めてビューワを起動したときは、データファイルを作成します。データフォルダには、ビューワがプレビューを表示するとのスタイルシートや、Word文書を生成するときのテンプレートが格納されています。

ビューワの [ファイル] – [開く] を実行します。

画面 4: ビューワの [ファイル] – [開く] を実行するところ
ビューワの [ファイル] - [開く] を実行するところ

「開く」 ダイアログボックスが表示されますので、先ほどデスクトップに作成したテキストファイルを選択して [開く] をクリックします。

画面 5:「開く」 ダイアログボックス
「開く」 ダイアログボックス

ビューワにファイル名がタイトルとして表示されます。内容は空なので、まだタイトル以外は表示されません。

画面 6: ビューワでテキストファイルを開いたところ

ビューワでテキストファイルを開いたところ

*2 Windows XP では [スタート] メニュー – [すべてのプログラム]

ウィンドウを並べる

Windows のバージョンによって操作方法が異なります。

Windows 7 の場合

タスクバーにある、先ほど起動したメモ帳のアイコンをクリックして、メモ帳をアクティブにします。

次に、Windows キーを押しながら左を押します。メモ帳が画面の左半分に表示されます。

同様に、ビューワをアクティブにします。次に、Windows キーを押しながら、今度は右を押します。ビューワが画面の右半分に表示されます。

画面 7: ウィンドウを並べて表示したところ
ウィンドウを並べて表示したところ

メモ帳とビューワが左右に並んで表示されました。

Windows XP、Windows Vista の場合

タスクバーにある、先ほど起動したメモ帳をクリックして、メモ帳をアクティブにします。

次に、Ctrl を押しながら、タスクバーにあるビューワをクリックします。メモ帳とビューワのタスクバーが両方選択された状態になります。

その状態のまま、どちらかのタスクバーの上で右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、[左右に並べて表示] (*3) をクリックします。

画面 8: [左右に並べて表示] をクリックするところ
[左右に並べて表示] をクリックするところ

ビューワとメモ帳が左右に並んで表示されました。

画面 9: ウィンドウを並べて表示したところ
ウィンドウを並べて表示したところ

メモ帳を先に起動するとメモ帳が右側になってしまいます。メモ帳を左側に表示したい場合は、ビューワを先に起動しておいてください。

*3 Windows XP では [左右に並べて表示]、Windows Vista では [ウィンドウを左右に並べて配置]

これで準備が整いました。ビューワでHTML形式のプレビューを見ながら、メモ帳で文書を書くことができます。