セルの書式設定

Excel(エクセル)で、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを「素早く」「確実に」表示する方法をご紹介します。

セルの書式設定は Ctrl キーを押しながら 数字 1 キー

Excelでは「セルの色を変える」「罫線を引いたり消したりする」といった、セルの書式設定を行う機会が多いですね。

このとき、画面の上の方にあるボタン(Excel 2007では「リボン」、Excel 2003では「ツール バー」といいます)を使わずに、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを使うことがあるかと思います。

画面 1: [セルの書式設定] ダイアログ ボックス(画面はExcel 2007のものです)
[セルの書式設定] ダイアログ ボックス

みなさんは、このダイアログ ボックスをどうやって表示させていますか?

おそらく多くの方は、右クリックでメニューを表示してから [セルの書式設定] をクリックすることによって、ダイアログ ボックスを表示させているのではないでしょうか。

画面 2: 右クリックで表示するメニュー(画面はExcel 2007のものです)
右クリックで表示するメニュー

ここでは、もっと良い方法をご紹介します。それは…

「Ctrl キーを押しながら 数字 1 キーを押す」

Ctrl キーを押しながら 数字 1 キーを押すだけで [セルの書式設定] ダイアログ ボックスを表示させることができます。なお、数字 1 キーはテンキーのものではなく、キーボードの左上にある、「!」と「ぬ」が一緒に書いてあるキーを押してください。

操作が速くなるほか、マウス操作のイライラも減ります

左手だけで Ctrl キーと 数字 1 キーを押すようにすると、素早く操作できます。小指で左側にある Ctrl キーを押して、中指で 数字 1 キーを押すとよいでしょう。中指でなくても届く指ならどれでも構いません。

また、この方法を使うと、次のようなことが起こりません。

  • 右クリックしたときにマウスが動いちゃって、
    違うセルが選択されちゃった…イライラ。
  • [セルの書式設定] にマウス カーソルをうまく合わせられなくて、
    間違えて [コメントの挿入] をクリックしちゃった…プンプン!
  • 間違えてメニューじゃないところをクリックして、
    メニューの表示が消えちゃった…ムッキー!!

…というわけで、ぜひ「 Ctrl + 1 」を使ってみてください!

(この記事に関するご意見・お問い合わせは「ご意見・お問い合わせ」までお願いします。)


Excel は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。