ワークシートの数

Excel(エクセル)で、新しくブックを作成したときのワークシートの枚数を変更する方法をご紹介します。

ワークシートが3枚も

他の人が作成したエクセルのファイルを開いたときに、「Sheet2」「Sheet3」というワークシートがあるのをよく見かけませんか?表示してみると中身は空っぽ。

画面 1: ワークシートが3枚ある様子(画面はExcel 2007のものです)
ワークシートが3枚ある様子

これは、エクセルで新しくブックを作成したときに初めからワークシートが3枚用意されているためです。「Sheet1」だけを編集して、「Sheet2」「Sheet3」はそのままにしておいたのでしょう。

よくあることですが、かといって「sheet2」「sheet3」を無視すると、もし「sheet2」「sheet3」も編集されていた場合に見落としてしまうので危険です。

初めから1枚にしておく

ワークシートを追加する操作はそれほど面倒ではないので、ブックを作成したときには必要最低限の1枚だけワークシートがあって、必要なときにワークシートを追加する方がよいでしょう。

Excel 2007 と 2003 とで設定方法が異なりますので、それぞれ説明したいと思います。

Excel 2007 の場合

画面左上にある [Office ボタン]をクリックして、下にある [Excel のオプション] をクリックします。[Excel のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

画面 2:[Office ボタン] をクリックすると表示されるメニュー(画面はExcel 2007のものです)
[Office ボタン] をクリックすると表示されるメニュー

左側の項目の [基本設定] が選択されていることを確認し、右側の [ブックのシート数] 欄を確認します。エクセルをインストールしたときは、「3」になっています。この数値を「1」に変更して [OK] をクリックすると、新しくブックを作成したときのワークシートの数が1枚になります。

画面 3:[Excel のオプション] ダイアログ ボックス(画面はExcel 2007のものです)
[Excel のオプション] ダイアログ ボックス

Excel 2003 の場合

[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

画面 4:[ツール] メニュー(画面はExcel 2003のものです)
[ツール] メニュー

[全般] タブをクリックして、真ん中あたりにある [新しいブックのシート数] 欄を確認します。エクセルをインストールしたときは、「3」になっています。この数値を「1」に変更して [OK] をクリックすると、新しくブックを作成したときのワークシートの数が1枚になります。

画面 5:[オプション] ダイアログ ボックス(画面はExcel 2003のものです)
[オプション] ダイアログ ボックス

(この記事に関するご意見・お問い合わせは「ご意見・お問い合わせ」までお願いします。)


Excel は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。